銀行が無人ATM消費者金融商品を取り扱う

銀行が無人ATM消費者金融商品を取り扱う

消費者金融が貸金業法と、グレーゾーン金利がブラック金利で違法になってから、過払い請求や、年収の規定にかかって、貸すことができなくなり

かなり売り上げが落ちて厳しい経営になっているようです。

銀行系の大手の消費者金融でもそうですから、闇金融いがいの消費者金融業者は減っていくのではないかと思います。

そこで、子会社の消費者金融の無人店舗の譲渡をうけて、そのまま銀行の名前で、同じ金利の消費者金融商品を始める銀行がでてきました。

銀行の消費者金融商品

銀行であれば商品が消費者金融商品であっても、貸金業法の適用を免れるので、年収の3分の1を越えても貸し出せるというわけです。

なんだか、貸金業法の適用のがれのような方法のきもしますが、銀行だけに預金者の金利を、返済能力のない人に貸すようなあまい審査はしないだろうと信じれば・・・

借りにくくなっていた人も借りやすくなるという意味ではいいのかも?しれません。

おそらく、消費者金融を傘下にもつ銀行は今後このような動きになってくるのかもはれませんね。
 

銀行が無人ATM消費者金融商品を取り扱う関連ページ

キャッシングは両刃の剣、使い方次第
利息なしでキャッシングを受けるための注意点をまとめています。賢く借りれば無利息で何度でも借りられます。
プロミスの審査について
何度でも無利息キャッシングできるようになったプロミスの申込み審査について